ようこそ! 「香典返しの仕方」へ

香典返しのマナー

●香典返しの時期

香典返しの時期は、仏式と神式・キリスト教式で異なります。

<仏式の香典返しの時期>

香典返しは、葬儀の当日に渡す「即返し(その場返し・当日返し)」の場合と、七七日忌(四十九日)の忌明け後に、忌明けの挨拶状を添えて送るのが一般的です。

(ただし、故人が亡くなってから七七日忌まで3ヶ月にわたる場合は、五七日(三十五日)です)

<神式・キリスト教式の香典返しの時期>

原則、香典返しをしないことになっていますが、最近では仏式の影響を受けて香典返しをするのが一般的になりました。

神式の場合は、忌明け後の霊祭「五十日祭」に、キリスト教の場合は、1ヶ月後の「召天記念日」を目安に、あいさつ状を添えて送るのが一般的です。

●香典返しの選び方

香典返しは「半返し」と言われ、いただいた香典の半額程度の品を返すものとされてきました。

しかし、最近では4割返しや3分の1返しでもいいとも言われています。地域によっては「全返し」というところもあるので、わからない場合は、葬儀社にたずねるなどして慣習に従うようにするのがいいでしょう。

また「即日返し」と言って、告別式の後に、香典の金額にかかわらず一律の金額の品物をお返しする香典返しも増えてきたこともあり、特に高額の香典をいただいた場合以外は、全員に同じ品物をお返しすることも多いようです。

具体的には、お茶・砂糖・シーツ・タオルセット・せっけんなど、実用的なものを香典返しにするのが一般的です。

デパートには香典返し専門コーナーを設けているところもあり、配送までしてもらうことができるので利用者が多いようです。「香典返し」と告げれば、弔辞用のかけ紙もかけてくれます。

●香典返しを省略する場合

最近では、故人の遺志によって香典を福祉関係や社会事業団などへ寄付することも多くなってきました。

また、故人が一家の収入源で遺族の生活が困難になってしまう場合など、香典を遺児の養育費の一部にあてることもあります。しかし、現在では、香典返しをするケースが圧倒的に多いため、お返しを受けて当然と思っている人もいます。

香典返しを省略する場合は、礼儀として、その旨と使いみちを一言案内状に付け加えるようにしましょう。

●香典返しのあいさつ状

香典返しの品に添えて送るのが一般的です。

文面は決まった形式があるので、葬儀社やデパートの香典返し専門コーナーなどで印刷してくれます。また、戒名だけ書き込めばいいように印刷してある香典返しの挨拶状も市販されています。

忌明けの挨拶状の書き方に特に決まりはないので、自由に書いてかまいませんが、弔辞の手紙は白無地の一枚の便箋に書き、一重の封筒に入れるのが習わしなので注意しましょう。


  • seo